読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るろうに憂心 浪人譚

世の中を、人生を流浪して思ったこと・考えたことなどの雑記帳。結構本当に流浪人しているどこにも所属していない者です。

合コンにおける欺瞞

引き続き合コンに対する不満、疑問、異論、反論、objectionを投稿する。

何も僕は合コン(含飲み会、食事会、親睦会)のすべてを否定するわけではない。時として必要な場合も必ずある。ただその会合の「目的」がなんなのかにより僕の嫌悪感は乱高下する。

 

一般的に合コンと言うと「男女の出会い」が目的だ。僕はもうそれが嫌なのである。反吐が出るんである。その場限りの盛りに盛ったメイクとおしゃれをし、普段とかけ離れた自分を演出することでお互いがお互いを品定めする。トイレでは「あの人はあり」だの「あの子がいい」だのしょうもない会話がなされる。

 

だいたいにおいて第一印象が勝負、全てなどとよく言われる話ではあるが、僕はあくまでそれはビジネスでの話であると個人的に思っている。ビジネスでは相手にぼろを出すことは決してない。慣れてきた相手だとしてもビジネスのルールを守った上で接する。だから第一印象からその後のイメージが大きく変化するということは稀なケースであると考えていいと思う。

 

しかしだ。恋愛においても第一印象が全てだろうか?答はNOだ。恋愛の究極的なゴールは現代日本においては「家族になる」ということだ。自分の親兄弟に会うのに必死でメイクをするやつがいるのか?頑張って一流ブランドの服装で会いに行くのか?いつでもどこでもニコニコ笑顔で接するのか?そんなわけがないだろう。親兄弟は一番楽であるがそれゆえ扱いもおざなりになる、しかしそれは愛情や信頼がないという意味合いではない。逆に一番信頼しているからこそ気を使わないのだ。

 

合コンでよくある女子の「料理のとりわけ」僕はあれが大嫌いである。どう考えてもあれはポイント稼ぎであり、「こんなに女子力高い私を見て!」というアピールにしか見えないのである。その子が家族と食事に行った時にも率先して親や兄弟姉妹にとりわけをしているというなら素晴らしい。だがそんなわけないだろう。肝っ玉母ちゃんが子どもに料理のとりわけをするケースはあるかもしれないが、家族で女の子がいる人は考えてほしい、自分の姉妹が外食でとりわけなんかしているか?だいたい子供じゃないんだから自分の食べる分くらい自分で取るわい。サラダにドレッシングもから揚げにレモンも聞かずにかけるな!何「気が利く私☆」みたいなドヤ顔でそんなことしとるんだ!ふざけるな、である。

 

ここまで書いていて自分がかなり嫌な人間に主観的にも客観的にも見えてきた。

 

だが僕は合コンでは常にそんなことを考えているのだからしょうがない。こんなブログで見栄を張っても無駄であり、そんなかっこつけは現実世界でやってればいい話なのである。

 

僕が思うに、合コンの第一印象ですべてが決まると思っている人たちはその後の展開をどう考えているのだろうか?合コンをピークに持って行ってしまったらあとは減点方式でひたすらマイナスされていくだけである。やたら見た目に気を使い、プロフィールをアピールし、どいつもこいつもさわやかで明るく笑顔が絶えない面白いやつばかりであり、相手に気が利き、男らしさ、女らしさをこんな時に存分に発揮し、自分らしさと言うものには完全に蓋をし、「世間的にどう受けるか」だけを追求し、個性を失った合コンロボットとなった者がまるで勝者であり、正義であるかのような錯覚を起こしている。普段は男らしさ、女らしさはジェンダー差別だとのたまって「自分らしさが大事!」といっている輩はこういう出会いの場で自ら行っている行為に疑問を持たないのだろうか?ナンバーワンよりオンリーワンじゃなかったのか?おい。

 

合コンとはいわば悪徳商法、悪徳宗教みたいなもんである。アルコールに煽られ皆脳内で間違った判断、誤った思考をしている。王様ゲームが楽しいとか正気の沙汰とは思えない。冷静に考えてみろ、たかだか3対3の合コンでちょっといい相手がいたからと言っても世界には何十億と知り合ってない相手がいる。そんな相手がイケメンだとか美女だとかは視野狭窄でしかない。しかもほとんどの人間は合コンにピークを持ってきている。次に会うときにはどうやっても合コン時よりグレードが下がっているケースがほとんどだ。そのピークを維持し続けることもまぁ無理だろう。なぜなら恋愛の究極系は何度も言うが「家族になる」ことだからだ。どんなにおざなりな態度にお互いがなったとしても信頼しあえる関係になるということだ。ピークしか愛せないようであれば遅かれ早かれそんな出会いは破綻する。

まぁそれも経験の一つというのならばそれは個人の勝手だからとめはしない。好きにやればいい。だけど僕にもそういうイデオロギーがあるから僕のことを否定するのもまた筋違いだということも理解してほしいんだなぁ。