読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るろうに憂心 浪人譚

世の中を、人生を流浪して思ったこと・考えたことなどの雑記帳。結構本当に流浪人しているどこにも所属していない者です。

アルコールが飲めない人は本当に人生で損をしているのか?

アルコールが飲めたら合コンや飲み会に関する考え方は違ってたのかもしれないと思うことはよくある。しかし飲めないものは飲めない。僕はもう家系からしてそうである。もう遺伝子レベルで飲めない家系である。

 

話すと驚かれるが僕の親戚が法事などの冠婚葬祭で集まってもまずアルコールを飲む人はいない。本当にいない。田舎で車の運転があるから、ということもあるがそれにしても誰も飲まない。皆飲んでいるのは温かい「お茶」だ。お茶と和菓子がメインだ。だから酔って馬鹿騒ぎをする人間もいなければ飲みすぎて倒れるような人間もいない。実家にも常備してあるのはウーロン茶と牛乳だ。アルコールは誰も飲まないので置いていない。高いしマズイし気持ちが悪くなるし何故飲むんだ、と言う意見で満場一致なんである。

 

だから初めて飲み会というものに参加した時は異次元に迷い込んだような感覚だった。

正直なところ

 

「気持ち悪」

 

と言うのが率直な感想だった。若い時はなんとかその流れに乗ろうと頑張ろうとしたものだがやはりダメなのである。ハイテンションにもなれなければお酒を飲んだから何が楽しいんだと言う気持ちは全く変わることがなかった。

まあ学生時代を過ぎればほぼそういったノリからは解放され、まともな社会人であればこのご時世一気飲みや無理にアルコールを強要するなどと言うバカな人間はいない。そんな人間がいたら僕はまた一升瓶片手に毒霧攻撃をかますつもりである。穏やかや草食系に見られるが内心かなり激情型である。短気ではない。礼節を守らない輩には容赦なくブチ切れるんである。

 

その中でも僕を完全に切れさせる

「男のくせに飲めないの?!」

「そんな年なのに飲めないの?!」

と言うフレーズ。僕はこのフレーズを聞いたら問答無用でキレる。男とか年齢とか関係ないんである。お前はバカなのかと状況が状況なら言い放ってしまう。ふざけるな、である。

まあ「男のくせに」と言う言葉を使ってくるのは大抵酒豪の女だ。僕が大嫌いなフレーズである。そいつらに「女のくせに」というフレーズを出そうものなら自分の発言を棚に上げ女性蔑視だと目の敵にする人間だということも経験上理解している。早い話がバカなんである。「男のくせに」そのフレーズを聞いた瞬間僕の目にはそいつが人間からカボチャに変わる。

 

酒が飲める=カッコいいという図式は何なのだろう?謎である。

 

この前参加した街コンでも「私お酒が好きなのでお酒に強い男性がタイプです!」と言うカボチャが多かった。もう僕はその時点で頑張ろうとも狙おうともいう気力がゼロになるんである。カボチャになってしまうのだから。カボチャを口説いたり、連絡先を渡す奴は認知機能に異常があるので飲み会ではなく病院へ行くべきなのだ。

 

何故女性は男性が酒が飲めた方が良いと言うのか?謎である。

 

僕は牛乳を好んで飲むが牛乳が飲めないと言う人に牛乳を無理に飲ませるようなことは一度もない。牛乳を飲むとお腹を下すと言う人も「ああ、そうなんだ」としか思わない。カッコ悪いとも「美味しいよ!飲みなよ!慣れるから!」と強要することもない。

 

しかし、アルコールは強要される。謎である。

 

ただ、カクテルやサワー程度ならある程度は許容範囲である。そこが僕が憂心家で一番アルコールが強いと言われる所以である(全く低次元で笑えるレベルであるが)。しかし、それもあくまで自分の中で調子のいい時や最終手段として残している切り札であり、進んで頼むことはしない。一度頼むと「なんだ、いけるじゃーん!」「それいけたらこっちもいけるから飲んでみ!」と次々と度数の強い酒を勧められると言う恐怖体験を何度もしている。

 

だいたいにおいてモンゴロイドは遺伝的に一番アルコール分解酵素が少なく、コーカソイドやネグロイドに比べるとアルコール耐性が一番弱いと言われている。そんな民族の中でアルコールが強いだの大酒飲みだのを声高に主張し、アピールする奴は見てて滑稽なんである。

 

アルコールが入らないと親睦が深められないと言っている奴らはそれこそ真のコミュ障と言える。酒がないと自分をさらけ出せないとはいい大人が情けないとは思わないのか。飲みニケーション?バカなことを言うな、ビール会社のコマーシャリズムにまんまと乗せられて真に受ける情弱でしかないんである。

 

なんだか結局アルコールが飲める人へのルサンチマンでしかない投稿になってしまった。このことから現時点ではアルコールが飲めないと人生損であると言える。